詩 記事一覧

【詩】意味なんかないからこそ

2020年2月26日
すべてに意味なんかない。 ほんとうに「ない」んだよ。 ……この事実を知った上で、 あなたはどう動く? この事実を知った「からこそ」 見えてくる世界があるはずだよ。 見守っているよ。

【詩】あなたの涙は

2020年2月25日
あなたの涙は、わたしの涙。 あなたの怒りは、わたしの怒り。 あなたの笑顔は、わたしの笑顔。 いつだって、ともにいるよ。 大丈夫。 ともにあるよ。

【詩】わたしはなにもしていない

2020年2月24日
わたしはなにもしていない。 ただ、すべてとしてあるだけだ。 ただ、すべてとして、あなたとともにあるだけだ。 それでも、わたしを信じてくれるかい? すべてをまかせてくれるかい? 信じてくれなくてもいい。 ……

【詩】見くびらないで

2020年2月23日
わたしの愛を見くびらないで欲しい。 あなたが、あなたのことを、 どんなに醜く、 どんなに狡猾で、 どんなに滑稽な存在だと感じていようと、 あなたへのわたしの愛が失われることはないのだよ。 そのまま、あ ……

【詩】すべてとしてのわたし

2020年2月22日
あなたは、あなた以外のなにかになれない。 でも、その事実を事実として受けとめた瞬間、 あなたは、そのまますべてになれる。 すべてとしての、わたしになれる。 待っているよ。

【詩】あなたの願いは、わたしの願い

2020年2月21日
あなたの願いは、わたしの願い。 どんな願いも、わたしの願いだ。 わたしはからだを持たないから、 からだを持つあなたに動いて欲しいのだ。 あなたが願いを引き受けて、 自分の足で動き始めるその瞬間を、 わ ……

【詩】あったかくて、やわらかくて、ひろがっていく

2020年2月20日
あったかくて、やわらかくて、ひろがっていく。 そんな感覚を「おなか」で感じる時、 あなたは、同時に、わたしを感じるだろう。 わたしがいつだってともにあることを、 理屈を超えて、理解するだろう。 あたま ……

【詩】「これでいいのだ!」

2020年2月19日
「これでいいのか?」と首を傾げるあなた。 「これでいいのだ!」と背中を押すわたし。 あなたの迷いすら、わたしの愛の中にあるのだから、 どうかそのまま「これでいいのか?」の道を歩み続けて。 「これでいい ……

【詩】透明なあなた

2020年2月18日
丹田の透明な目で、すべてを受け取るように見て。 丹田の透明な耳で、すべてを受け取るように聞いて。 丹田の透明な鼻で、すべてを受け取るように嗅いで。 丹田の透明な口で、すべてを受け取るように味わって。 ……

【詩】怖いからこそ

2020年2月17日
怖くても、踏み出すんだ。 いや、怖いからこそ、踏み出すんだ。 恐怖を感じるところにこそ、 あなたの「使命」が隠されているよ。 わたしはいつだってあなたとともにいる。 どうか、その恐怖に負けないで。 あ ……