手放したいなら握り込もう

2016年8月21日

「手放したければ、一度強く握り込んでしまうこと」

 

っていうのは、

 

ほんとうに、人生の知恵だよな~

 

……と思います。

 

 

 

というのも、最近、またひとつ、

 

枯葉が枝から離れるような自然さで、

 

「あること」(というか「ある感情」?)と

 

さようならができたのですが、

 

そしてそれによって

 

非常に軽やかで爽やかな気分を味わえているのですが、

 

これもまた、

 

「一度強く握り込んだ」からこそ

 

「ごくごく自然なさようなら」を

 

そのまま受けいれることができたのだろうな、と……。

 

 

 

「手放せ!」って言われて手放せるものなら

 

人間誰も苦労はしないわけで(笑)

 

「手放そう! 手放さなきゃ!」

 

っていう粘っこい思いがとりもちになって、

 

余計にいろんなものをくっつけてしまうことだって

 

往々にしてあるわけで……。

 

 

 

もう、それなら、思い切って握り込んじゃえ、と。

 

 

 

徹底的にそれについて考えたり、

 

やろうと思ってやっていなかったことを

 

思い切って実行に移したりするんです。

 

そうやって、握って握って握りまくる。

 

 

 

ぎゅぎゅぎゅーーーっと強く握り込んでしまえば、

 

当然、いつかは疲れてきますから(笑)。

 

疲れたら、自然に、「もういいかな」って思えますから。

 

そう思ったら、不思議なことに、

 

自分で「手放そう」って思わなくても、

 

ごくごく自然にあるべきところに運ばれていきますから。

 

 

 

「あるべきところ」とは、なんの力みもなく、

 

「ああ、これでよかったんだな」と思える場所です。

 

これ以上に「いいところ」なんて、ないと思うんです。

 

 

 

なんとな~く手の中にある、っていう状態が続くと、

 

握ることも離すこともできなくなって、

 

結果、自分を不自由にしてしまうことが起きてくるんですよね。

 

 

 

不自由は、苦しいです。

 

私は、自由を生きたいです。

 

 

 

ということで、「握る」の、オススメです。

 

 

 

ほんとうに

 

なにが起きても「大丈夫」なんだと思います。

 

 

 

自由を生きていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日とは打って変わって気持ちの良い青空が広がっています。

 

よい一日をお過ごしください◎