私、ゲスだし、ドス黒いんです。

2018年6月27日

女性性が開花すれば、すべてをありのままに受けいれられるようになる。……みたいな言説があるけれど、あれ、大嘘ですよ。女性性が開花すれば開花するほど、自分の中の好き嫌い、快不快がはっきり出てしまう。受けいれられないことは、むしろ増えるよ。

ただ、ひとつ言えるのは「誰かやなにかを受けいれられない自分」を受けいれられるようになっていくと、どうあっても自分を否定することがなくなるってこと。そうなると他人の言動が気にならなくなる。っていうか興味がなくなる(笑)。すると、自分の世界に集中できるから、結果として「おおらかな人」にはなるよね。

女性性の開花率って、自分自身のおなかの声、
つまり自分の本音・本心の強さに比例すると思うんです。

(それに気づいて、そのまま認め、できる限り行動に移すのが男性性の役割。
よって、女性性と男性性は完全に同時に育つものだと私は考えます。)

だから、女性性が開花すれば開花するほど、
「ワガママ」で「意地悪」で「超ブラック」な自分と
出会う可能性も高くなるってこと。

本音・本心で生きるって、なまなかな覚悟じゃ無理です。
毎日毎日、「ええ? 自分、こんなこと思ってたんか……」と本気で愕然とします。

おなかの声に「社会性」なんてものはそもそも備わっていないですから(笑)。

「嫌なものは嫌」だし、「むかつくものはむかつく」。
だから「いらないものはいらない」。「一切、視界にいれたくない」。

バッサリ!!! です。

「すべてをありのままに受けいれる」という事態とは
何万億光年も離れた態度を平気で取るのがおなかってやつです。

でも、そこで「こんなこと思ったらいけない!」って
取り繕ったら元も子もないです。
だって、こっちこそが本音・本心なんだから。

まずは、それを自分で認めるんです。
思っちゃったもんは仕方ない、感じちゃったもんは仕方ない、って。

で、できる限り(できる限り、でいいんです。無理は禁物!)
その「ゲス」で「ドス黒い」(笑)自分の本音・本心に従って行動をしてあげる。

すると、自分の中の女性性と男性性の和合が起こって、
非常に満たされた気分になるんです。

そうなってくると、あくまで結果として
「めちゃめちゃおおらかな人」になる。

自分の世界に夢中で、他人に文句をつけている時間がなくなるというか、
そもそも他人の世界に興味がなくなってくるからね(笑)。

これって、ものすごく自己中な感じに聞こえるかもしれないけれど、
はっきり言えば、「自己中でなにが悪い!?」とも思うんですよ。

自分を中心におけていない人が、
ほんとうに誰かのために生きられると思いますか?

まずは自分の本音・本心を大切にすること。
そして、自分を満たすこと。

どっしりと自分の中心を生きられるようになった人は、
結果として、ちゃんと他人のためにも生きられるようになっていくんです。

「自分のため」に生きていたら、
勝手に「他人のため」に生きられる人間になっていたって、
超楽チンで、最高じゃないですか?

でも、実際、そういう風になっているみたいですよ。
おなかの声の正体って、神の声、仏の声、宇宙の声だったりしますから。
(アヤしいね〜!笑 でも、ほんとうのことです。)

すべてをありのままに受けいれたいのなら、
すべてをありのままに受けいれられない自分を受けいれること。

そこからすべてがはじまっていくのだと思います。

 

最近ますます切れ味鋭い私ですが(女性性が開花しちゃったもんでね……)
そんな小出に会ってみたい! 小出と話してみたい!
という奇特な方がいらっしゃいましたら、
お話会や個人面談、お気軽にお越しください。

今週末のお話会(っていうか飲み会)、まだまだお席余ってますよ〜。
っていうか、このままでは赤字になってしまうので
人助けだと思って、ヒマな人、来て!!!(笑)

詳しくは下の欄をご覧ください。
お待ちしております〜^^

 

『PHPスペシャル』7月号より、
小出遥子のエッセイ連載「「自分らしさ」はどこにある?」がスタートしました!
ぜひ、お手に取ってお読みくださいませ。

浄土真宗本願寺派の出版社、本願寺出版社さん刊行の
2018年施本『お盆』にエッセイを寄稿いたしました。
題して『「南無阿弥陀仏」が聞こえる』。
お盆頃に、全国の本願寺派のお寺で配られる予定です。
ど〜〜〜しても手に入れたい! という奇特な方は、
本願寺出版社のサイトよりご注文ください。

https://hongwanji-shuppan.com/item/detail.html?iid=1475

7月4日(水)の夜、「私と僧とクラフトビール」なる
とってもたのしそうなイベントにゲスト出演します!
真宗大谷派僧侶の竹川英紀さんと、ビールを飲みながら(笑)いろいろお話します。
かなりスリリングなトーク内容になりそうですよ〜。
小出枠で5名様まで観覧を受け付けてくださるそうです。
ご参加を希望される方は、イベントページの参加ボタンを押していただいた上で、
フェイスブックで竹川さんにお友達申請してください。
その際「小出」の名前を出してくださいね。
当日はネット配信もあるそうです。どうぞおたのしみに〜◎

https://www.facebook.com/events/247296572706378/

お話会「リアル版・遥子の部屋」不定期で開催しています。
来月は、

▪️7月1日(日)18時〜20時半
▪️7月21日(土)18時〜20時半

の2回、開催します。

ポットラック形式のミニパーティーです。
飲み物と食べ物を各自一品ずつ持ってきてください^^
(お酒も大歓迎ですよ〜!)
ほろ酔いで(?)「人生をたのしむコツ」みたいなものをシェアし合いましょう。

会場はいずれも東京都北区赤羽周辺某所。
定員15名、参加費は3000円です。

ご興味ございましたら、希望の日程と、お名前と、お電話番号と、
小出へのひとことを添えて、以下のアドレスまでお申し込みください。
メールタイトルは“「リアル版・遥子の部屋」参加希望”としてください。
折り返し、詳細メールをお送りいたします。

temple00001.info@gmail.com
(@を半角に変えてお送りください)

次回のネットラジオ「遥子の部屋」は7月29日(日)19時半からライブで放送します。

日曜の夜、みなさんでダラダラお酒飲みながら、
ああでもない、こうでもない、といろんなことを語りましょう。
これでサザエさん症候群も怖くない!?
お気軽にアクセスくださいね〜。

あなたのお話、小出遥子が対面でお聞きします。
お悩みのご相談もOK。
これまでの人生をしみじみと振り返っていただくのもOK。
どのようなお話でもまったく問題ございません。
安心できる空間で、ゆっくり、じっくり聞かせていただきます。
もちろん、秘密は厳守いたします。
場所は東京都内某所、もしくは京都市内某所となります。
相談時間は一時間半(90分)、面談費用は一万円です。
ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

temple00001.info@gmail.com
(@を半角に変えてお送りください)

※スカイプでの遠隔個人面談もはじめました。
時間、費用は対面と変わりません。
こちらもお気軽にお問い合わせください。