ありのまま幻想

2016年1月11日

「ありのままの自分」っていうのが、

 

いまではないいつか、ここではないどこかで見つかるのだろう、

 

そして、その自分を生きられるようになるのだろう、

 

と思っているとしたら、

 

その考えは、消しゴムでゴシゴシこすって、

 

きれいさっぱり消し去ってしまった方がいいかもしれません◎

 

 

 

ほんとうのほんとうのほんとうに、

 

いまここにあらわれ出ているものが「すべて」なんです。

 

「すべて」であって、「ありのまま」なんです。

 

 

 

だから、

 

「ありのままを生きられていない」と思っている自分すら、

 

まぎれもなく、「ありのまま」なんです。

 

 

 

さらーっと流してしまわないでね。

 

じっくり味わってみてください。

 

味わい方がわからない?

 

じゃあ、一度立ち止まって、深呼吸してみましょうか。

 

そうして、

 

いまここにある自分と、

 

自分をもひっくるめた「すべて」と、

 

仲直りしてみましょうか。

 

 

 

すると……

 

 

 

世界には、「ありのまま」しかないことに、

 

気づけるんじゃないかな。

 

 

 

自分をもひっくるめて、すべては「ありのまま」であることに、

 

気づけるんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三連休最終日。

 

よい一日をお過ごしください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

横田南嶺さんの「さとり」インタビュー、全4回中の2回目です!

 

「慈悲」というものの本質から、

 

すべてがつながり合って存在しているという華厳の教えまで……。

 

今回も、ほんとうのお話盛りだくさんです!

 

どうぞお楽しみくださいませ。

 

 

 

横田南嶺さんインタビュー/夢と気づいて夢を生きること(2/4)

 

http://www.higan.net/satori/2016/01/yokota2.html