「おなかが本体、頭は飾り」

2018年2月7日

おはようございます。小出遥子(こいではるこ)です。

 

マイケル・ジャクソンが「ダンスをするときは頭の中でカウントを取るな。それをしたら必ずズレが生まれるから」といったようなことを言っていたんだけれど、その言葉をことあるごとに思い出す。からだに任せずに、頭に余計なことをさせると、必ず「ズレる」んだよね。

からだに任せずに、頭に余計なことをさせると、必ず、ズレる。

マイケルはダンスについて語っているけれど、
これ、すべてにおいて言えることだと思うんです。

私、一時期、呪文のようにして(笑)

「おなかが本体、頭は飾り」

って唱えていました。
自分に言い聞かせるように。

そうしないと、どうしたって頭優位で生きてしまうから。

いまはだいぶまともになりましたけれど、以前の私は、
どデカイ頭にヒョロヒョロの手足を生やして歩いているような状態で。

常にそんな感じだったので、だいたいいつもズレていました。

なにからズレていたのか?

大きな流れから。
自然の法則から。
自分の中の「正解」から。

ズレているから、いっつも不安で、恐怖感でいっぱいで、
緊張していて、イライラしていて、周囲とのトラブルも絶えなくて。

あるとき、こんなの嫌だ! って思ったんですね。
頭ばっかり使って生きていても疲れるばっかり!
からだまるごとで生きてみたいよ! って。

それで、少しずつ、おなかを感じながら生きるようにしてみたんです。
おなかに意識を持っていけば、からだ全体が感じられるから。

気が頭に上がってしまったな、と思ったら、
「おなかが本体、頭は飾り」と唱えながら、
ゆ〜っくり息を吐き出して、おなかの方に意識を持っていく……。
それを、ひたすらに繰り返しました。

その甲斐あって、いまは、以前に比べれば、かなり生きやすくなりました。

もちろん、マイケルみたいにからだを動かせるわけではないですけれど、
それでも、「考える」ことと「感じる」ことのバランスは
だいぶ取れるようになってきたな、と思います。

「考える」が暴走して、「感じる」が難しくなってしまったら、
YouTubeでマイケル・ジャクソンのMVを観たり(笑)
「おなかが本体、頭は飾り」と唱えてみたりして、
自分なりに調整をはかると、だいぶ楽になりますよ。

なにかの参考になれば!

 

お読みくださってありがとうございました。
よい一日をお過ごしください◎

 

3月5日(月)の18時半から、大阪市天王寺区の應典院さんにて、
Temple School第5弾を開催します!
ゲスト講師は禅僧の藤田一照さんと、武術家の光岡英稔さん。
イベント後は講師二人の共著『退歩のススメ』(晶文社)のサイン会も予定しています。
先着80名さま限定。どうかお早めにお申込みくださいませ。

http://temple-web.net/event/101/

次回「遥子の部屋」は、3月2日(金)20時からです。

小出遥子への質問、お悩み相談、最近のブログやTempleのご感想など、
どなたさまでもお気軽にメッセージくださいませ~。
ご質問やご相談には、番組内で、可能な限り、お答えさせていただきます。

フェイスブックページ(https://www.facebook.com/koide.haruko/)に
メッセージを送っていただくか、
Templeのメールアドレスにお願いします。

temple00001.info@gmail.com
(@を半角に変えてお送りください) 

あなたのお話、小出遥子が対面でお聞きします。
お悩みのご相談もOK。
これまでの人生をしみじみと振り返っていただくのもOK。
どのようなお話でもまったく問題ございません。
安心できる空間(東京都内のお寺の一角など)で、
ゆっくり、じっくり聞かせていただきます。
もちろん、秘密は厳守いたします。
ご興味ございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。

temple00001.info@gmail.com
(@を半角に変えてお送りください)

※スカイプでの遠隔個人面談もはじめました。
こちらもお気軽にお問い合わせください。

東京と京都で「リアル版・遥子の部屋」というお話会を開きます!
くつろげる空間で、おいしい食べ物や飲み物(お酒も!)をたのしみながら、
みなさんと、の〜んびりお話できたらな、と思っています。
このブログに書いているようなお話も、もっとディープに語っちゃおうかな。
ご質問も大歓迎ですよ〜。

◆2月18日(日) 13時半〜15時半 東京都内笹塚駅周辺某所【満員御礼】
◆3月4日(日) 13時半〜15時半 京都市祇園周辺某所

いずれも参加費は2000円です。

ご興味ございましたら、ご希望の会場(東京or京都)と、
お名前と、ご連絡先と、小出へのひとことを添えて、
以下のアドレスまでお申し込みください。
メールタイトルは「「リアル版・遥子の部屋」参加希望」としてください◎
※東京会場はおかげさまで満員御礼となりました! ありがとうございます!

このブログを読んでくださっている方でしたら、
老若男女問わず、どなたでもご参加いただけます。
お気軽にお越しくださいね。お待ちしております!

temple00001.info@gmail.com
(@を半角に変えてお送りください)