いろんな人がいて、いろんなことを言うよ。

2015年12月13日

「いろんな人がいて、いろんなことを言っているなあ」

 

「いろんな人がいて、いろんなことをやっているなあ」

 

……以上!!!

 

 

 

これで、一切はととのうような気がするのですが、いかがでしょうか。

 

 

 

だって、実際、

 

「いろんな人がいて、いろんなことを言っている」

 

「いろんな人がいて、いろんなことをやっている」

 

これ以外の真実はないし、

 

これ以上の真実もない。

 

 

 

すべてを「自分」中心に考えてしまうから、苦しくなるんじゃない?

 

自分が自分だと思っている自分なんて、

 

ほんとうはどこにも存在していないのかもよ?

 

 

 

すべては、「自分」不在のまま、

 

ただ、起こっているだけだとしたら?

 

 

 

「いろんな人がいて、いろんなことを言っているなあ」

 

「いろんな人がいて、いろんなことをやっているなあ」

 

……以上!!!

 

 

 

これで、一切のことはととのいます。

 

信じても、信じられなくても、

 

真実、そのようになっているんです。

 

ほんとうのほんとうのほんとうに、

 

安心していて、いいんです。

 

 

 

……以上!!!(笑)

 

 

 

 

 

みなさま、どうか、よき日曜日を◎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

藤田一照さんの「さとり」連続インタビュー、本日、3日目の更新です。

 

こちらも、ぜひお楽しみくださいませ~。

 

http://www.higan.net/satori/2015/12/fujita3.html