「個としての自分」と「大いなる自分」

2015年12月5日

仏教の根本には「諸法無我」という思想があります。

 

「あらゆる事物には、永遠・不変な本性である我(が)がないということ」

 

……というのが辞書的な意味になるようです。

 

 

 

まあ、平たく言うと、

 

「私はいない」

 

っていうことになるのですが、

 

でも、これ、別に仏教の専売特許じゃないですよね。

 

 

 

ありとあらゆる本質的な知恵(智慧)、すべて、

 

突き詰めていけば、同じようなところに辿り着くのではないかな、と。

 

 

 

……が。

 

いきなり「私はいない」とか言われても、

 

どうにもこうにも実感を伴った理解にまで至らないっていうのが

 

ふつうの反応だと思います。

 

それどころか、反発心さえ抱きかねません。

 

「いやいや、私はいるでしょう!?」って。

 

まあ、当然ですよね。

 

 

 

 

 

……ということで、

 

ほんとうに「私」=「個としての自分」というものが「ない」のかどうか、

 

一度腰を据えて、じっくりと観察してみることにしましょう。

 

 

 

 

 

私は、なにをもって「私はいる」と感じているのか?

 

いったいなにが「個としての自分」という感覚を成り立たせているのか?

 

 

 

そこを、深く、丁寧に探っていくと、

 

こんな結論にたどり着きます。

 

 

 

「私」という感覚は、

 

「思考」と「感情」と「体感」のうちのどれか、

 

もしくはその複合によって成り立っている。

 

 

 

そして、ここで満足せずに、

 

さらに深く細かく丁寧に突き詰めていくと……

 

 

 

「思考」も「感情」も「体感」も、

 

すべて、「私」の意思とは無関係に、

 

ごくごく勝手にあらわれては消えていく。

 

 

 

ということが理解されます。

 

 

 

そうなってくると、

 

“ここ”に最後に残るのは、

 

実体としての「私」ではなく、

 

その構成要素として、瞬間ごとに生滅を繰り返す、

 

「思考」「感情」「体感」のそれぞれを、

 

ただただ映し出すスクリーンのような、

 

でもそこに実体があるわけではない、

 

そして主体と客体の分かれていない、

 

“気づき”それ自体としての「なにか」

 

……としか呼べない「なにか」。

 

……ということになりますね。

 

(うわあ、もどかしい! ことばってむずかしい!!!)

 

 

 

そして、その「なにか」は、

 

「個としての自分」を超えたところにある

 

「なにものでもない自分」であり、

 

そのまま、

 

「大いなる自分」と呼んでよいものでしょう。

 

 

 

 

 

……と、まあ、ここまで理屈で詰めて考えてきましたが、

 

どうにかこうにか頭で理解できたところで、

 

「個としての自分がいる」

 

という感覚は消えないですよね。

 

 

 

というか、生きている限り、その感覚自体が、

 

完全に消滅してしまうことはないのだと思います。

 

 

 

「個としての自分」は、“幻想”ではあるけれど、

 

同時に、間違いなく、「大いなる自分」の一部でもあるのですから。

 

 

 

これぞnon-duality!

 

 

 

 

 

でも、まあ、とにかく、

 

最初は頭だけでの理解だとしても、

 

できる限り、「大いなる自分」としての意識に

 

寄り添うようにして生きていけば、

 

「個としての自分」が抱える苦しみからくる

 

ストレスを減らすことはできるでしょう。

 

 

 

そして、ただ“考える”だけでなく、

 

実際にそれを“感じて”みようと、

 

“からだまるごと”でトライを繰り返しているうちに、

 

あるとき、ふいに、

 

「個としての自分」から、「大いなる自分」への

 

シフトが起きていることに気づくのだと思います。

 

 

 

そこで待っているのは、

 

すべては“わたし”

 

という世界です。

 

 

 

そうなると、もう、どんなときでも、ゆったりとした気分で、

 

“人生”というストーリー、それ自体を楽しめるようになりますね。

 

 

 

そして、それは、本来、誰にだって可能なことのだと思う。

 

だって、最初からそのようにできているのだから。

 

 

 

 

 

「考える」のではなく、実際に「感じる」ことを始めた人から、

 

転換は起こっていく……。

 

 

 

 

 

あなたは、ほんとうに、「大いなる自分」の意識を感じて、生きていきたい?

 

答えが YES ならば、

 

あとは、もう、実際に、“感じる”だけ。

 

“思って”いるより、難しいことじゃ、ないかもよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

東京は、今日も、晴れ。

 

 

 

どうか、よき日を◎