ニュートラルということ。

2015年7月6日

毎日ブログを更新していると、時折、

 

「小出さんの考え方を知って楽になりました!」

 

とか、あるいは、

 

「そういったお考えは、残念ながら私の考えとは食い違います」

 

とか、

 

そういったご感想をいただくのですが、

 

そのたび、私の文章になにかを感じてくださったことに「ありがたいな」という気持ちを持ちつつも、

 

正直、少しばかり「うーむ……」となってしまうところもあって。

 

なぜなら、私、ここでは「考え方」を書いているわけじゃないので……。

 

 

 

「考え方」じゃないなら、いったいなにを書いているのさ!?

 

と聞かれたら、そこも、まあ、うまく答えられないのですが……

 

あえて言うなら、「在り方」という感じになるのかな……。

 

いや、「在り方」とか言うと、どうしてもHow toのイメージが強くなってしまうけれど、

 

「方法論」とはまったく違って……。

 

実際、ここには、「どうする」も「どうやる」もなくて、

 

ただただ「いま」「ここ」の、まさに「この」状態を、そのままに書いている感じなので……

 

そうですね……ほんと、私、なにも考えちゃいないんです……(笑)

 

なので、ここに書かれていることは、決して、「考え方」などという高尚なものではありません。

 

「いま」「ここ」の、「この」状態、

 

いや、ここには時間すらほんとうは存在していないので「状態」と呼ぶことすらできない「これ」、

 

ただただ、「これ」を、文字に置き換えて表しているだけなんです。

 

 

 

もちろん、頭は使っていますよ。

 

「自動書記」とか、「降ろされたことば」とか、そういう神がかったようなものではなくて、

 

(ものすごく憧れますが……。笑)

 

無数のことばの中からもっとも「それ」に近いものを選び出したり、

 

文章の順番を工夫したり、漢字をあえてひらがなに変えてみたり、

 

そういうときは、さすがに、脳みそフル稼働です。

 

その部分は、かなり計算高くやっています(笑)

 

が。

 

実際、ここに文章として書き表すべきその素材、ことば以前、意味以前の「これ」は、

 

ただただ「いま」「ここ」に「これ」として「在る」だけなのであり、

 

それは決して、私が「考えて」「作り出した」ようなものではないのです。

 

むしろ、これ、自分が考えて作り出せたとしたら、めちゃめちゃすっごいことだぜ!? ってお話なんです。

 

そんな「すっごい」力は、残念ながら、私には備わってございません……。

 

 

 

最近、これは嬉しかったことなのですが、ある方に、このブログについて、こんなことを言っていただいたんです。

 

「なんだかいいです。此処に来るのは。軽くなって。四国に行くのと同じ様で。ニュートラル。リセット」

 

あはは。お四国と同じですって!(笑)

 

いやいや、そんな、たいそうなものじゃございませんよ~……

 

と恐縮しつつ(この男性とは、四国遍路中に出会いました)でも、嬉しかった。

 

「ニュートラル」っていうのが、嬉しかったんです。

 

私が、毎日書き表そうとしている「いま」「ここ」の「これ」は、

 

ことば以前の「これ」は、意味以前の「これ」は、

 

まさに、「ニュートラル」でしかないものだから。

 

そうか、ちゃんと「管」になれたのかな、と。

 

それが嬉しかったんですね。

 

 

 

そう、私は「管」になりたいんです。

 

私自身の「思い」や「考え」を一切差し挟まず、

 

ただただ「いま」「ここ」の「ニュートラル」な「これ」を、

 

そっくりそのまま、「ニュートラル」な「管」として通して、

 

この世界に「ニュートラル」に表現することができたなら……

 

 

 

そんな希望を持ちつつ、今日も書きました。

 

 

 

 

 

今日も、雨。

 

よい一日を!