ただただ、感じてください。

2015年3月12日

私たちは決して「しあわせ」になれません。

 

ただ、「しあわせ」であれば良いのです。

 

だって、私たちの本質は「しあわせ」そのものなのだから。

 

 

 

みたいなことを、このブログでも何度も何度も書いてきたのですが……

 

なんかね……

 

もうね……

 

正直、

 

「けっ、ばっかばかし~!」

 

「書くのや~めた!」

 

みたいな気分になることもあるんです……(笑)

 

 

 

だって、それはことばなんかじゃぜったいに表せない世界だから。

 

それはことばを超えたところにあるものだから。

 

 

 

なにかひとこと言えるとしたら、

 

ただ、

 

「感じてください」

 

っていうことだけなのかな……と。

 

 

 

ことばを追うのをやめて、ことばで考えることを放棄したとき、

 

そこにただただ広がるものが「しあわせ」です。

 

 

 

これ、理屈じゃないんです。

 

理屈をこねくり回していたら、ぜったいに感じることのできない世界なんです。

 

 

 

自分たちが「しあわせ」である理由を、ひとつひとつ、ことばにして数え上げなくたっていいんです。

 

感謝のことばを、意識的に唱えるようなこともしなくったっていいんです。

 

いや、そういう方法も、入り口としては、もちろん、とても有効だと思うけれど、

 

でも、ほんとうの「しあわせ」は、それら、ことばによる意識を圧倒的に超えたところに、ただただ「ある」ものなのだから、

 

いつかはそういったものすべてを手放さなきゃいけない。

 

手放さなきゃ、感じられないんです。

 

 

 

もう、ただただ、感じてください。

 

それ以外に、ほんとうは言うことなんてないんです。

 

感じてください。

 

ことばによって分離される以前の、あるがままの世界を、ただただ感じてください。

 

こんなブログなんかさっさと閉じちゃって(笑)とにかく、一刻も早く感じてください。

 

感じることをはじめてください。

 

 

 

感じられれば、それと同時に、

 

「しあわせ」になれます……というか、「しあわせ」であれます。

 

「しあわせ」そのものとしての“自分”を生きることができるようになるのです。

 

 

 

ただただ、感じてください。

 

自分が、それ、そのものであることを。

 

 

 

 

 

……ということで、今日はこれ以上ことばを重ねるのはやめにして、この辺で失礼します(笑)

 

また明日から、通常営業の、「ことば大好きブログ」に戻ります。

 

ごきげんよう!