執着のススメ

2015年2月24日

「手放す」ってむずかしいです。

 

手放すことの大切さはいろ~んなところで説かれているし、頭ではわかるんです。

 

手放して、そうしてできたすき間に、なにか思いもよらない素敵なことが入り込んでくる……っていうのも、理屈では、わかる。

 

それでも、実際に「手放す」ことの、なんとむずかしいことか。

 

 

 

でも、この「手放したくても手放せない問題2015」に関しては、私には、ある秘策があるんです。

 

「手放したかったら、一度強く握ること」。

 

ある方に教えてもらったんです。

 

 

 

たとえば、いま私の目の前に転がっているペン。

 

これをいきなり「手放せ!」と言われたって、私にはできません。

 

だって私の両手はいまキーボードの上に置かれているのだから。

 

そもそもペンをこの手に握っていなかったら、手放すということは成り立たないんです。

 

「人間は、すでに持っているものしか“手放す”ことはできない」

 

これが第一条件。

 

 

 

それでは、いざ、ペンを右手に持ったとしましょう。

 

このペンは、自分にとって、ものすご~く大事なペンです。

 

初恋の人にもらって、それから十数年間、大事に大事に使い続けてきたペンです。

 

高校受験も、大学受験も、このペンと共に切り抜けてきました。

 

新卒の入社試験も、転職したときも、いまの職場でも、ずっとずっと一緒にいてくれた戦友です。

 

もはやほかのペンで字を書くことなど考えられない! というぐらい、自分の手にしっくりと馴染んでいる、ぼろぼろだけど愛おしい相棒です。

 

(いや、これ、ぜんぶフィクションだけど、そういうことにしておいてください。)

 

そんなペンを「手放せ!」と言われて、あなたには即座にそれができますか?

 

「無理……!」ってなるのがふつうだと思います。

 

 

 

じゃあ、どうやったら「手放す」ことができるようになるのか?

 

答えは……「強く握ること」なんですね。

 

 

 

ゆる~く握っているうちは、別にそこに不快感は生じないものだから、「手放す」ことなんか考えられなくなる。

 

でも、ぎゅ~っと強く握ったら……

 

握って握って、爪が手のひらに食い込むほどに握って、ペンがみしみしいって壊れそうになるぐらい、もう、手だけじゃなくて、顔まで真っ赤にして、こめかみのあたりに青筋が立っちゃうぐらい、握って握ってとにかく握り続けたら……

 

あるとき、「解放」の瞬間がやってくるんですね……!

 

 

 

限界まで握ったら、人間の手は自然と開くものなんですよね。

 

「もういいや!」「手放しちゃえ!」「ばいばーい! 元気でねー!」

 

そんな境地が、おのずとやってくる。

 

 

 

「手放せ!」と言われて、

 

「手放さなきゃ! 手放さなきゃ!」となってしまったら、

 

「手放すべき!」という観念を、逆に手放せなくなる……

 

そんなパラドクスが発生してしまいます。

 

そして、こういうことって、めちゃめちゃ多いんです。

 

 

 

それならいっそ、握りなさい、と。

 

手放すことなんか忘れて握りなさい、と。

 

 

 

私は、この考え方を知って、かなり楽になりました。

 

「なんだ。じゃあ、自分のこころの赴くままに、思いっきりやっちゃっていいんじゃん!」って。

 

 

 

「執着しちゃダメ!」と思うことも忘れて、もう、存分に、執着して執着して執着しきったら、あるポイントで、

 

「あはは。もう、どうでもいいや~」

 

と力が抜けるタイミングがやってくる。

 

それって、ものすごく、清々しい瞬間です。

 

そして、そうなった次の瞬間。

 

なんだかすっかり満たされている自分に気づいたりするのですよね。

 

 

 

つくづく、おもしろいなあ、と思います。

 

 

 

執着心も使いようですね。

 

そう考えると、この世に意味のないものなんてないんじゃないかなあ、なんて思います。

 

ぜんぶ「解放」への布石なのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

春、来てますね。

 

解放の季節です。

 

存分に味わって、味わって、味わって……

 

生きていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

—————————————————————————————————————–

 

 

このたび、私、小出遥子主宰のワークショップ、Temple vol.2を、2015年3月2日月曜日の夜、ふたたび神谷町光明寺本堂をお借りして開催させていただくことになりました。

 

vol.1を経てあらたに気がついたこと、改善すべき点などを織り交ぜて、さらにみなさまにとって居心地の良い空間をご提供できたらいいな、と思っております。

 

もしご興味がございましたら、以下のフォームよりお申込みの上、お気軽に遊びにいらしてくださいませ。

 

http://goo.gl/forms/CsMHRXPFWR

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

【Temple vol.2】

 

日時:2015年3月2日(月)19:00~21:00(受付18:30~)

 

☆タイムスケジュール☆

18:30~19:00 受付&リフレクション1
→お寺の本堂=仏さまの見守る空間で、思い思いにお過ごしいただけます。

19:00~19:15 リフレクション2
→お坊さんと一緒に、参加者みんなでお経を読みます。
(今回も光明寺の松本紹圭さんが導師をおつとめくださいます)

19:15~19:45 ウィズダム
→数名の参加者の方に、ご自身が大切にしている「ほんとうのことば」
(真実を指し示すことば。事前にお送りいただきます)をシェアしていただきます。

19:45~21:00 ダイアローグ
→少人数のグループに分かれての座談会です。テーマはそれぞれの思う「ほんとうのこと」。

 

会場:神谷町光明寺本堂 (東京メトロ日比谷線・神谷町駅3番出口より徒歩1~2分)

http://www.komyo.net/web/kamiyacho.html

 

定員:40名

 

参加費:無料
(ワークショップ中にお賽銭箱へ入れられたお気持ちは、全額、「お寺おやつクラブ」 http://www.higan.net/oyatsu.html に寄付いたします)

 

お申し込み:こちらのフォームよりお願いいたします

http://goo.gl/forms/CsMHRXPFWR

 

お問い合わせ:
temple00001.info@gmail.com
(光明寺への直接のお問い合わせはご遠慮ください)

 

主催:小出遥子 

 

 

 

※Temple vol.1のレポートはコチラです!

 

【2015/1/29(木)Temple vol.1レポートその1(リフレクション1・2)】
https://www.facebook.com/temple00001/posts/1377428022555939

 

【2015/1/29(木)Temple vol.1レポートその2(ウィズダム)】
https://www.facebook.com/temple00001/posts/1377428102555931

 

【2015/1/29(木)Temple vol.1レポートその3(ダイアローグ)】
https://www.facebook.com/temple00001/posts/1377428235889251

 

【2015/1/29(木)Temple vol.1参加者の感想まとめ】
https://www.facebook.com/temple00001/posts/1376895389275869

 

 

 

Temple Facebookページ:
https://www.facebook.com/temple00001

 

Temple Twitter:
https://twitter.com/Temple00001