【日記】2023年11月16日(木)快晴のち曇り 〜世田谷デート〜

7時頃起床。
細々した事務作業を済ませ、のんびりと身支度を整え、おでかけの準備。

9時半少し前に、流生さんと家を出る。
今日は世田谷の松陰神社にお参りに行くのだ。

歩きながら、最近の気づきや仕事でモヤッとしたことなどを
流生さんにあれこれ聞いてもらう。
話をしているうちに、「結局はすべて自分次第」という事実に落ち着き、
私自身が、淡々とTANDENメソッドを実践していくのみだな、と、あらためて心を決める。
「TANDENメソッドを実践しない(できない?)クライアントさん」が目の前に現れたということは、
私も、自分のところで、もっともっと細やかに、もっともっと深い体感の中で実践できるよ、というお知らせだ。

セブンでカフェラテを買い、電車の中で飲む。
今日はとってもいいお天気。

電車を乗り継いで三軒茶屋へ。
15年ぶりぐらい(それ以上かも!)に世田谷線に乗り、
松陰神社前駅についたのは11時半少し前。

こじんまりとした商店街を抜けて(個人経営のオシャレなお店がいっぱい)
いざ、吉田松陰先生の元へ。

清潔に整えられた境内。
自然に姿勢が整って、呼吸がしやすくなる。

拝殿にて、先生の志を受け継いで、私なりにしっかり働いていきます! と宣言。
「はげみなさい」の声が聞こえた気がした。

「松陰先生のおことばみくじ」なるものをひいたり、
先生直筆の「志」守りなるものを買ったり、ミーハー的にお参りをたのしむ。

松下村塾のレプリカもあった。
平日だったので中は覗けなかったが、土日は雨戸を解放しているみたい。
今度またお参りしてみよう。

松陰先生の御教え。
生徒が自ら「気づく」、そういう教育か……。
私も、この姿勢に学ばせてもらおう。

最後に先生のお墓にお参りして、神社を後にする。
気持ちのいいお参りでした。

駅前まで戻り、「かとり屋」さんで絶品定食を食べる。
私は豚肉の味噌漬け定食とビール、流生さんはヒレカツとネギトロ定食。
(家ではお肉はいただかないけれど、外ではOKにしている。ゆるっとね。)
ご飯も、お味噌汁も、付け合わせの切り干し大根も、なにを食べても美味しい。
ここはお魚と日本酒が特に美味しいお店みたい。
今度夜にお酒を飲みにきたいなあ。
近所にこんなお店があったら最高だな〜。

大満足でお店を出て、そこから徒歩10秒の距離にある「Sudo」という
オシャレなパン屋さんへ。
「芸術品か!?」と思うほど美しくて、美味しそうなパンの数々に狂喜乱舞。
迷いに迷って、米ナスとソーセージとポテトのパンと、
バジルとチーズのフォッカッチャをそれぞれ2つずつ買う。
それだけじゃ飽き足らず、カヌレとアプリコットパイのようなものも買ってしまう。
夕飯にいただくのがたのしみだ!

パン屋さんを出て、世田谷線に乗ろうと思ったのだが、
あまりにいいお天気なので「お散歩しよう」ということになり、
三茶までのんびり歩くことに。
線路沿いの道をひたすらてくてく。
流生さんは訪問マッサージの仕事をしていた頃、このあたりをバイクで走り回っていたらしく、
いろんなエピソードを聞かせてくれた。

30分弱で三茶着。
キャロットタワーのユニクロでシャツを数枚買い、ツタヤ書店に入って新刊をチェック。
本屋さんをうろうろしているうちに一気に眠くなってしまったので、今日はもう帰ろうか、ということに。
さよなら、世田谷。なかなか縁がないけれど、またおじゃまさせてください。

電車に乗った瞬間に爆睡。
どんなに爆睡していても、目的地の駅に着いたら目が覚めるのは不思議だ。

最寄駅からバスに乗り、ドラッグストアで買い物をして、15時頃帰宅。
空が一気に曇ってしまった。
今にも雨が降りそうなお天気だが、どうなんだろう。

電車の中で爆睡して目が覚めたので、2時間ほどメモリークリアリングオイル仕事を。
細々した手作業を、ひとつひとつていねいに。

18時頃区切りがついたので、流生さんに声をかけて、
さっき買ってきたパンで夕食を。
Sudoのパン、最高に美味しかった!
なんというか、人間の快楽のツボを心得た味だった。
お酒も進む進む!
普段あんまりパンという食べ物に興味を示さない私も唸る美味しさだった。
大ボリュームで、大満足。
また食べたい。

食べ終えてからも、リビングでなんとなく時間を過ごす。
私は本を読んだり、流生さんはブログを書いたり。

もっともっと、今住んでいる土地と仲良くなりたい、という欲求が
どんどん膨れ上がっている。
1週間のスケジュールの中に、地域行事的なものに参加する時間を入れ込むとしたらどうなるのか
シミュレーションしたりしているうちに、あっという間に21時に。

布団の中で本を読んでいるうちに、いつの間にか寝落ち。
たのしい一日だった。
流生さん、ありがとう。

関連記事