【日記】2023年11月3日(祝・金)快晴 〜まさかのアイディアがやってきた〜

6時半頃起床。
布団の中でうだうだしているうちに8時過ぎに。

起き出してコーヒーを淹れ、吉武大輔さんが運営されている
「MURABITO」というコミュニティーの説明動画を観る。

歴史的名著『パズるの法則』の後書きにも書かれていたけれど、
「一人で生きていく力がないからこそ、みんなで力を合わせて生きる」って、
すごくシンプルな人生攻略法なのに、私はそこをあまりにも避け過ぎてきたな、と思う。
自分の「閉じた」あり方をすごく反省した。

お隣のお部屋に住んでいる方のお顔もほぼ知らないような状況って、
やっぱり、異常だよな、と思う。

これからは、田んぼや畑の共同作業とか、地域の集いとかに、
できるだけ顔を出してみたいと思っている。
地縁を大切に育てていきたい。
自分の変化に、自分がいちばん驚いている。
こんなことを言う自分になるなんて、ほんの1ヶ月前までは思いもしなかったな。

新バージョンのTANDENメソッドを自分自身が実践していく中で、
「他者との違いを恐れなくていい」ということが、ほんとうにストンと腑においてしまったのだ。
他者は、どんな性質を持った相手であっても、
自分がこれまで光を当てることのできなかった「もう半分」を見せてくれる神さまだ。
そう思ったら、私も、どんどん自分を「開いて」いきたいな、と素直に思えたのだ。

ものすごく良いお天気なので、スニーカーを履いて外に出る。
すれ違う人たちと目を合わせて、笑顔ですんなり挨拶できるようになっている自分に驚く。

のんびりと森を歩きながら、私はほんとうにここに住めて幸せだな、と思う。
横浜市内とは思えないほどの自然の多さ。
土の香りが心地いい。
この地ともっと仲良くなりたい。

芝生の広場で20〜30分ぼんやりして、森の向こうのセブンイレブンへ。
ランチとビールを買って帰ってくる途中に、まさかのアイディアがやってきて愕然。

法人形態と、法人名を改めろとな……!?!?!?

「面白い!!!」と興奮する自分と、
「いやいや、面倒くさすぎるでしょ!!!」とドン引きする自分が同時に出てくる(笑)。

とは言え、前者の方が1%ぐらい上回っている。

思わず道端で、思いついた法人名で「社名占い」をしてしまったら……
もう、とんでもなく良い結果が出て(「株式会社オフィス遥子」以上に!)
笑うしかない状態に。

えーーーーー
やるの?
変更するの?

やるとしたら、いつ?
どんなふうに進める?

考えていたらどんどんワクワクしてきて、ほぼ「やる」一択に絞られてしまった(笑)。

信じられない。
数時間前家を出る時にはこんなことになるなんて思いもしなかったのに!

呆然としながら家に戻り、呆然としながら買ってきたラーメンとビールをいただき(笑)
呆然としながらお昼寝。

2時間ほどのお昼寝から起きたら、だいぶ冷静になっていた。
とりあえずお風呂にお湯を張って、半身浴をしながら、さきほどのアイディアを精査。

次から次へとグッドアイディアがやってきて、ペンがまったく止まらない。
その中で、新会社のミッションのようなものも一気に見えてしまい、
これ、完全に「やらされる」やつだ……と笑いながら観念する。

世界が、宇宙が、この会社を、この事業を、絶対的に必要としている。
もう、やるしかないね。

MeのOSで突っ走るような仕事の仕方はもう終わり。
WeのOSで、みんなといっしょに面白い未来を創っていくんだ。

株式会社オフィス遥子はMeのOS時代のお仕事の総仕上げ(大お片付け)のための会社だったのか。
ありがとう、オフィス遥子。
あと数ヶ月、いっしょに駆け抜けて、次の会社に善きものを引き継いでいこうね。

20時前にお風呂から上がり、髪を乾かしていたら流生さん帰宅。
さっそく新法人設立のアイディアをシェア。
流生さんは少し驚いたようだったが、すぐに「いいんじゃない?」と笑ってくれた。
いいパートナーだ。

流生さんは流生さんで、今日の仕事中に、自分の中にあるとんでもない傲慢さに気づいて
愕然として、その場で泣いてしまったらしい。
ショックだったと思うけど、気づいたら、必ず変わるからね。
ちゃんとその場で向き合った流生さんは、偉いよ。

眠くて眠くてたまらなくなり、22時前に布団に入った瞬間に眠ってしまった。
今日もなんだかんだで頭の中が忙しかったな(笑)。
おつかれさま、わたし。

関連記事