【日記】2023年10月8日(日)曇りのち雨 〜きのう何食べた?〜

ようやく眠れた……と思ったら、
今度は朝早い両親が起き上がって活動を開始したため、目が覚めてしまう(笑)。
布団をひっかぶって二度寝しようと思ったが、
人の気配のあるところではうまく眠れない、神経質な私。

諦めて起き上がって、部屋の露天風呂にゆっくり浸かって眠気を覚ます。
朝は一段と冷え込むなあ。まあ、箱根は山だものね。

盛りだくさんの朝食をいただいて、8時半頃に早々にチェックアウト。
ホテルの入り口で三人で写真を撮り、タクシーでポーラ美術館へ。
道中、さすがに眠ってしまった。

ポーラ美術館では、
「シン・ジャパニーズ・ペインティング 革新の日本画
横山大観、杉山寧から現代の作家まで」
という展覧会を楽しむ。
「日本画」という概念自体を学び直す良い機会になった。

私は永沢碧衣さんという現代作家さんの熊の絵に非常に感銘を受けた。
今後、活動を追わせていただこう。
父は岸田劉生の「麗子坐像」が気に入って、ポストカードを買っていた。
リンゴを持った麗子ちゃん、ぶすくれてて可愛かったね。

常設展も観終えて、ミュージアムショップで買い物。
ずっと以前から気になっていた、小田原の猫の魔除け鈴を母が買ってくれた。
母も同じ色のものをおそろいで購入。

可愛い。「まよけ」とひらがなで書いてある。
とっても美しい音色。

どこにつけようかな〜。
母は、毎朝の散歩の熊避け鈴にすると言っていた。
実用的だ。

美術館内のカフェでお茶をして、再びタクシーに乗って、
そのまま小田原へ。
車内では私も父も爆睡。(父、あれだけ寝ておいてまだ眠いのか!)
母はひとり、車窓の風景をたのしんでいた模様。

駅前で降ろしてもらい、最近できたという観光施設に入って
フードコートで「普通のラーメン」を食べる。
その後、蒲鉾やらなんやらお土産を買い、
13時44分のこだま号に乗って小田原を起つ。

15分で新横浜につき、両親とはここでお別れ。
ありがとう。たのしい旅でした。
地元まで気をつけて帰ってね〜!

新横浜から最寄駅まではあっという間。
雨も降っていなかったし、そのまま歩いて帰ってくる。

荷解きをして、そのまま少しお昼寝。
起き上がってお風呂に入り、キャベツと卵のお味噌汁だけ作って、
流生さんの帰宅を待つ。

19時頃、母より「無事帰宅」の知らせを受け取る。
ほっと一安心。
またいっしょに旅行に行こうね。

20時半頃流生さん帰宅。
ふたりでたのしみにしていた「きのう何食べた?」の新シリーズを見る。
シロさんとケンジのやりとりに癒される。
そしてこのドラマを見ると料理熱が高まる。
カレイの煮付け、今度作ってみようかな。

22時頃布団に入る。
目をつぶった瞬間に眠ってしまった。

関連記事