【日記】2023年8月23日(水)曇り時々雨のち晴れ 〜灯台〜

5時半起床。
今日もダルダル。

TANDEN瞑想&朝勤。
その後トレーニングをなんとかこなすが、
やはり心身の具合は低調。

仕事をしようと机に向かうも、貧血っぽくクラクラするので、
鉄剤を飲んで横になる。
そのまま数時間ほど朝寝。

流生さんが作ってくれたやきそばを食べて、
再び布団でゴロゴロ。
起き上がれないほど具合が悪いわけではないが、
集中して仕事に取り組めそうにはない、微妙な状態。

寝転がりながら甲子園の決勝を見るも、
腰がだるくなってきたので起き上がる。

試合をチラ見しながら(高校野球ファンに怒られそう……)
集中力を要しない仕事をいくつか。
後半からは流生さんと一緒に集中して観る。

慶応高校の優勝を見届けて、少しだけ執筆。
ほんの少しだけでも、書き進めることができてよかった。

19時からTANDEN Lab.の恩送りサミット。
「恩送り」という問いを自分のど真ん中にフワッと置いた時、
どんな言動が現れてくるか、ラボのみんなと実験中なのだ。

サミット、ものすごくあたたかい時間だった。
「身が動く」ということ。
仏の慈悲が私の身体を通して発露される瞬間。
人間に生まれてよかった。

送ると同時に送られている。
これからも続けていこう。

サミット開催後は、流生さんと一緒に、
オードリーの若林さんと星野源さんのネトフリの新番組「LIGHT HOUSE」第1話を観る。
お二人の「世界」に対する、ひいては「自分自身」に対するごまかしのなさに、大変感銘を受ける。
同時代を生きられて幸せだ。
翻って、自分自身はどう生きるか、問いかけられたな。
まさしく、「灯台」そのもののような番組だ。

22時半頃就寝。

関連記事