【日記】2023年7月3日(月)薄曇り 〜来宮神社参拝〜

6時頃起床。

朝からお風呂に入る。
入っている間に、またまたいろんなアイディアが浮かんでくる。
ここはそういう空間なのかな?

朝食はなしのコースにしたので、チェックアウトの時間までお部屋でのんびり。
またまたノートに向かってあれこれ書きつけたり、
館内で借りた本を読んだり、二度寝したり(笑)。
こういう時間を求めていた〜。

ようやく自覚したけど、私はほんとうに休むのが下手!
法人って、やろうと思えば無限に仕事ができてしまうので、
個人事業主の時より断然稼働時間が増えている。
仕事は好きだけど、ちゃんと休めないのは大問題。

今後は定期的に、そして積極的にこういう時間を取って、
無理やり自分をオフにしないとな。

館内にはセミナールームもあるということだったので、
フロントの方にお願いして、チェックアウト後に見学させてもらうことに。

身支度を整えて、10時チェックアウト。
女将さん直々に、館内にある小さめのセミナールームと、
離れにある大きめのイベントスペースを案内してくださる。
特に離れの方はめちゃくちゃ空気が良くて、広くて、
いろいろ使い方が考えられそうで、ワクワクした!

少人数での静かな合宿とか、いいかも。
最大40名の貸切プランもあるみたいだけど、
MAX10名とかでこじんまりとしたリトリートをしてみたいな、と思った。

宿を出て(ほんとうにいいお宿だった! また来ます。仕事でも、プライベートでも。)
電車で一駅分移動して、熱海へ。
熱海駅からタクシーに乗って、来宮神社にお参り。

昇殿祈願をお願いして、商売繁盛と社運隆昌のご祈祷を受ける。
ここの神社の巫女舞はかなり激しめで迫力がある。
旋回舞踊的な要素もあり。

大好きな弁天さまにもご挨拶。

ここの弁天さま、かなり厳しい感じだけど、ご神徳は半端ない。
2022年の3月にお参りさせていただいて、

「お金ください〜!」

って言ったら(ストレートな願い!笑)

「あなた自分で稼げるでしょ」

と言われ(!)

「え、私、どのぐらい稼げますか?」

と聞いたら

「年商1000万円は余裕」

とのことで、ひえ〜〜〜となったのだが、
実際、去年の年商はちょうど1000万ぐらいで(!)大変感動したのだ。

今回も、

「がっつり稼ぎます!」

とお伝えしたら、超具体的な金額を示しながら、
私の特大級の可能性を見せてくださった(気がする)。

「現実になるかどうかは、あなた次第よ」

って。

かなりの金額でビビり散らかしているけれど、
肚決めて「うけたもう!」する。
肚を決めたら、未来が決まる。
稼ぐよ! 回すよ!

来宮神社と言えば! の楠の大木。
今日も大変堂々としていらっしゃった。

本殿を眺めながら、モヒートを飲む。
境内でお酒を飲める神社って、最高かよ〜。

居心地が良すぎて2時間以上滞在してしまった。
ほんとうに大好きな神社。
ご縁の杜宿泊と来宮神社参拝を組み合わせて、ツアー作ろっかな。

タクシーで熱海駅に戻る。
新幹線の時間まで30分ほどあったので、駅前の屋台でアワビ串を買って、
ビールといっしょにたのしむ。
ふふふ、観光客っぽいね〜。

14時過ぎの新幹線に乗って帰宅。
15時過ぎには家に着いていて「???」となる。
新幹線とタクシー使えばこんなものか。
1時間前に熱海で昼酒していたとか信じられない。
あまりにも近すぎる。
いいところに住んでいるな〜。

荷解きをしながら、流生さんが昨日受けてきたという
キャンプの実習研修(?)のお話を聞く。
無邪気に興奮を話してくれて、夏休みの小学生のようで可愛いったらない。
火打ち石みたいなので火を起こすやり方とかを身につけていて、
かなりサバイバル能力が上がっている様子。
頼もしい!

昨日と今日の日記を書いていたら、あっという間に17時。
駅前で買ってきたちらし寿司と、
流生さんが畑で採ってきてくれた野菜のサラダで乾杯!

私にしては少し食べすぎたな。
反省。
お風呂に浸かって胃を休める。

21時頃布団に入るも、暑くてなかなかうまく寝付けなかった。
本格的に眠りについたのは23時過ぎだったかな。

関連記事