【日記】2022年10月29日(土)快晴

2022年10月30日

5時起床。
大学の卒業式に出ていたら誘拐されて、
そのまま洗脳施設みたいなところに軟禁されるという夢を見た。
やけにリアルだったな。
ああいうところ、実際にあるんだろうな。
血を抜かれたり、管を入れられたり、謎の液体を注入されたり、
体臭チェックがあってシャワーも浴びさせてもらえなかったり……。
(化学の匂いがするうちは「まだまだ」らしい……。)
はあ、恐ろしかった……。

6時からのTANDEN瞑想で、その夢の余韻を丁寧にクリーニング。
瞑想後のトークも「お掃除」「クリーニング」の本質、
っていうテーマで語ってみた。
「汚れを落とす」っていうのは、実は二次的なもので、
「お互い、生まれたままのいのちそのものとして出会う」っていうのが、
本質なんじゃないかな〜って。

瞑想後、朝ごはんとして、今年初みかんをいただく。
私はみかんが大大大好き。
冬が深まるにつれて、どんどん顔がみかんっぽくなるぐらい好き(?)。
流生さんは自称「みかんを甘くするマイスター」
どんなにすっぱいみかんも、流生さんにもみもみされればイチコロさ。
確かに、ビフォーアフターで甘みがぜんぜん違った!
ふむ、これなら「マイスター」を名乗ってもよかろう。

1時間ほどお風呂に浸かって身を清め、
ついでに家中の床を清めてから、
新商品の物撮りと商品紹介ページの作成。
さくさくっとできた。
それにしても写真って難しい。センスが如実に出てしまう。
流生さんに見せたら「うん、がんばったね」だそう。
流生さんもセンスないくせに!(笑)

お茶を飲んで休憩してから、新商品の紹介動画撮影。
30分もしゃべっちゃった。
紹介動画になったかどうかは謎だけど(好き勝手しゃべりすぎた!)
とりあえず撮ったど〜。

無事動画アップが終わったところで、ふいに街に出たくなる。
どうしても玄関用のアロマディフューザーが欲しくなってしまい……。
あまりにいいお天気なので、外にも出たかったしね。

流生さんはお散歩に出ているので、
ひとり寂しくバスに乗り「中くらいの街」へ。
バスの中で爆睡。
ほんと、自分でも引くぐらいよく眠れる……。
運転手さんに起こされて、街に着いたことに気づく。

1時間のあいだに、アロマディフューザーのほかに、
玄関&バルコニー用のホウキとちりとり、
立ったままかけられる柄の長いコロコロ、
キッチン用のカーテンなどをさくっと買って、再びバスへ。
私、どれだけお掃除にハマってるんだろうね〜?(笑)

帰りのバスの中で貧血っぽくなってしまい、気分最悪に。
そういや、朝からみかんとスナック菓子しか食べてない……!
栄養が足りてないよ〜。
なんとか最寄りのバス停まで辿り着くも、
歩くのがやっとで、何度かしゃがみ込んでしまう。
そのたびに親切なご婦人方が声をかけてくれる。
このあたりの人たちは優しいなあ……。

なんとか部屋までたどり着いて、畳の部屋で休む。
足を高くして目を閉じた瞬間に意識が薄れる。
そのまま1時間ほど横になる。

外はどんどん暗くなってきて、肌寒くて、体調悪くて、
一人暮らしだったらさぞ心細かっただろう、と思う。
流生さんがいてくれてよかった。
流生さん、その時間サッカーに夢中だったけどな!
ひいきのチームの優勝がかかった試合だから仕方ない。
人が立てる物音はあったかいな、と思いながら寝ていたよ。

なんとか身体を起こせるようになったので、買ってきたものたちを片付ける。
が、キッチン用のカーテンはサイズが合わず、つっぱり棒もろともお蔵入りに。
ざんねん。

夕飯はUberさんのお世話になることに。
ほっともっとのお弁当。
私はステーキ弁当。流生さんはカツカレー。
食べたら一気に血の気が戻ってきた。

『重版出来!』はほんとうにいいドラマだな。
編集者時代に観たかった……。
漫画編集はかなり特殊な世界だとしても。
「働く」ってどういうことなのか、やさしく描かれている。

歯を磨いて20時頃布団に入る。
今日の日記は、ほんとうに「ただの日記」だな。
ただの人の、ただの日常。
だがそれがいい。
おやすみなさい。