「これが真実です」なんて言えないよぜったい

2017年1月30日

おはようございます。小出遥子です。

この世に唯一絶対の真実があるとしたら、

「この世には唯一絶対の真実なんかない! 
……そのこと自体が、唯一絶対の真実だ」

ということになるのだと思います。
ちょっとズルい言い方ですけれど。

真実なんか、人の数だけある。
人の数だけ「あっていい」んです。

人間というのは、どうしようもなく、
「物語」を生きていかなければならない存在だから。

その上で、私という人間になにができるのか?
私は、「あなた」に、いったいなにを伝えられるのか?

「これは、あくまで“小出遥子の生きる真実”です」

ということを明らかにした上で、

「私は、長年、これこれこういう勘違いをして苦しんできました。
でも、その勘違いがふわっとほどけた瞬間に、
ちょっぴり視野がひらけて、生きることが楽になりました。
いま、あなたが苦しんでいるのならば、
もしかしたら、私の体験にヒントがあるかもしれない。
参考になればうれしいです」

というスタンスで、あれこれ言ったり書いたりすること、
ただ、それだけだなあ、と思うのです。

私には「これこそが唯一絶対の真実です!」
という言い方でなにかを伝えることはできないし、
今後も、そういう風になにかを伝えることはしないつもりです。
私自身、いまだに迷いの中にあるからです。

でも、迷いの中にありながらも、瞬間、勘違いがほどけて、
最初から光に包まれて存在していたということに、
ひとつの“なにものでもないいのち”として存在していたということに、
理屈を超えたところから気づいたりすることもあるのです。

そこに大きな救い、
つまり究極の“安心”の境地があることは間違いないのです。

だから、もし、私という人間になにかができるとしたら、
「苦しみ」という名の「勘違い」がほどけた瞬間のことを、
できるだけ丁寧に、誠実に、なんらかの手段で表現して、
“なにものでもないいのち”の感触を自他に伝えて、
それを、理屈じゃなく“思い出させる”きっかけを作ることだけ。

ほんとうに、ただ、それだけなんじゃないかなあ。
それだけしかできないし、きっと、それだけでいいんだよなあ。

そんなことを思っています。

 

よい一日をお過ごしください◎