まったくあたらしく「はじめまして!」

2016年9月23日

Temple Webをご覧くださっているみなさま、はじめまして。
Temple主宰の小出遥子です。

とは言え、本日産声をあげたばかりのこのサイト……
ご覧くださっているのは、koideyoko.comから引き続きのみなさま、
そして小出の友人・知人のみなさまばかりでしょうから、
「おいおい。はじめまして、じゃないよ~!」の声が聞こえてきそうだなあ~
なんてことを思いつつ……。

でも。
私としては、あくまで、
まったくあたらしく「はじめまして!」な気分でやっていきたいな、と。

まあ、書いている内容としてはね、
koideyoko.comとほとんど変わらない感じにはなるとは思いますが、
心機一転、まっさらになってスタートします。
どうぞよろしくお願いいたします!

ということで、最初ですからね、
「Temple Web」の自己紹介から始めましょうか。

実は私、2015年の1月より、都内のお寺を会場にして、
対話のつどいTempleなるイベントを主催させていただいておりまして。

どんなイベントなのか、というと、
夜な夜な、お寺の本堂に参加者の方々が三々五々つどいましてですね、
初対面同士、少人数ずつのグループを作って、
「ほんとうのこと」というテーマで、
ざっくばらんに、フリースタイルで語り合っていただくという……

いや、これだけだとよくわからない上にアヤシすぎるんですけれど、
まあ、そうとしか言えないイベントなんです……。

諸々の事情から、いままではクローズドでひっそりこっそりやらせていただいていた
Templeですが、これね、いよいよ期が熟したのではないか、と。
いよいよ、もっとオープンに、もっといろんな縁ある場所で、
もっと積極的にやっていく時期がきたのではないか、と。
この一大プロジェクト(おおげさ? でもそんな気概をもってやっていますよ~)を、
全力で推し進めていく時期がきたのではないか、と。

このサイトは、そのための、いわばベースキャンプのようなもの
……という位置づけでスタートしました。

とは言え!
私としては、このTemple Webを単なるイベント告知板にするつもりは毛頭なくて。
イベントとしてのTempleと密に連動させつつ、
完全に単体で独立したウェブメディアとしてもおたのしみいただけるよう、
プロの方にご相談させていただきつつ、私なりに、練りに練ってコンテンツを作って参りました。

Temple&Temple WebのメインコンテンツはDialogue(ダイアローグ)です。
「いのちからはじまる話をしよう。」をテーマに、
(※リニューアルを機に、Templeのキーワードを「ほんとう」から「いのち」にチェンジします! こっちの方がね、まあ、いろいろ明確になるので。)
毎回、ジャンルを問わず、いろ~んな方々(各界著名人続々ご登場!)と、
その場その時のご縁にしたがって、一期一会のスペシャルな対話を繰り広げ、
それをまるごと記事にしていきます。

そして、それが、そのまま、読者のみなさまおひとりおひとりとの
正真正銘の「ダイアローグ」になることを祈りながら……
毎回丁寧にお送りしていく予定です。

記念すべき第一回目のダイアローグは10月頭に更新予定。
これね~、最初っから、だいぶ「パッカーン!」な対話になりまして……(笑)。
すごいです。こんな記事、たぶん、Temple Webでしか読めないです(笑)。
でも、とてつもなく面白いですよ。それは間違いない。
どうか、どうか、乞うご期待です!
ダイアローグのお相手は……まだ秘密にしておきましょうか。

あ、もちろん、Temple Webはこれだけではありませんよ。
「いのちからはじまる……」を主軸に据えたコンテンツを、
ほかにも多数ご用意しておりますので、
どうぞご自由に、いろいろなところをクリックしていただければ……。
って、いきなり説明が雑になってごめんなさい……!!!
でも、ことばでくどくど説明するよりも、実際に見ていただいた方が早いですものね。
(とは言え、ほとんどコンテンツ準備が間に合っていないのですが……。)

9月中は、このBlogとColumnの中のWordsというコンテンツだけ更新させていただき、
(年内は「ほぼ週刊彼岸寺門前だより」からの転載とさせていただきます。)
10月からは、そこにDialogueの更新が加わり(当面は月1回ペース)、イベント告知も加わり、あと、できればイベントレポートも……
でも、正直、それだけで手一杯で……(がががーん! すみません!)

年内はそんな感じでゆるゆると運営していきたいと思いますが(おい!)
年明けからはいきなりエンジン全開でやっていく所存でございますので(鼻息!!!)
どうか、それまでは、ゆるゆるとお付き合いいただければ~。

いや、ほんと、最初っからゆる~いエントリーで恐縮なことでございましたが、
どうか、Templeの成長をあたたかく見守っていただけますとさいわいです。

 

お読みくださり、ありがとうございました。
小出遥子でした。

よい一日をお過ごしください◎