【詩】入り口

2021年1月15日

思想を「頭」で捉えている限り、
人はどこまでも「ばらばら」のままだ。

でも、思想すら「からだ」で感じてしまえば、
あっという間に「ひとつ」になれる。

時間も、同じかもしれないね。

思想も、時間も、入り口でしかない。

その中に、その奥に、その底に、
からだまるごと飛び込んでしまえば、
思想の違いだって、時間の差だって、
あっという間に消えてしまうんだ。

「ばらばら」を超えて、
「ひとつ」に戻れるんだ。

涙ぐましい努力はもうおしまい。

必要なのは、ほんの少しの勇気と、素直さだけ。

「ひとつ」として、ここで会おう。