【YouTube】精神世界の探究において、必ずしも、道をひとつに定める必要はない。組織への所属も、必ずしも、必要なものではない。ちゃんと「自分のおなか」に所属できていたら、どちらの道を選んでも問題はないんです。#477

2021年1月5日

私も、ずいぶん長いこと「いのちの探究者」をやってきているわけですが、
これまで、一度たりとも、どこかの教団や、宗派や、流派に所属したことがありません。

その必要性を感じないからです。

このことで、随分たくさんの方々に「苦言」を……
いや、「アドバイス」を(笑)いただいてきました。

「なにかひとつに道を定めて、師匠に弟子入りして、
一意専心でやっていかなきゃ、深い“さとり”は得られませんよ」

「ちゃんとどこかに所属しなさい」

と。

もちろん、ご好意で言ってくださっていたことは重々承知の上ですが、
それでも、私は、決して首を縦には振れなかった。

私は、縁のあるすべての教えから、平等に学びを得たかったんです。
すべての教えに、必ず、学ぶべきものはあると思ったから。

それに、そういった「アドバイス」をくださる方々は、
みな一様に、所属を持つ人、つまりは「中の人」だったんです(笑)。
その時点で、失礼ながら、バイアスがかかっているように感じていました。

でも、そういう探究の仕方(所属を持たないというあり方)では、
「自分に都合の良いことしか聞けない」とか、
「つまみ食いになってしまう」とかで、
決して、本質的な学びを得られない、と、その方々に厳しく言われてきました。

生意気な私は(笑)そのたびに、

「それも一理あるような気もするけれど、でも、違うんだ。
私の探究の仕方が間違っているはずがない……!」

と、こころの中で叫びつつ、
しかし、どうして「間違っていない」と言えるのか、
論理的に説明するためのことばも、当時、持ち合わせていなかったため、
ぐっとこらえて、その場では大人しくしてたのですが……。

いまになって、ようやく、ことばが熟してきました。

私は、私自身の“おなか”に、しっかりと所属しているから、
あえて、外側に所属を持つ必要を感じないんです。

おなかという、根源的な宇宙を中心に置いた上で、
その時々のご縁にしたがって、たくさんの教えに触れている。

おなかの底に、しっかりと「アンカー(碇)」が降りているからこそ、
「本来的ないのち」への理解(=さとり)が深まりこそすれ、
迷子になることは決してない。

ああ、そうか、こういうことだったんだ……。

いまなら、自信を持って言えます。

精神世界の探究において、必ずしも、道をひとつに定める必要はない。
組織への所属も、必ずしも、必要なものではない。

必要な人には必要。不必要な人には不必要。
ただ、それだけ。

本人がちゃんと、自身の「おなか」にこころを収めることさえしていれば、
所属を持って一意専心でやっていく道、
所属を持たずに様々な知恵・智慧に触れつつ、日常生活の中で、真摯に学んでいく道、
どちらであっても、必ず、深い洞察にまで自分を導いてくれることが信じられる。

これは、私の長年の探究人生から、間違いなく言えることです。

(逆に言えば、おなかにこころを収めずに、頭だけで「さとり」を追い求めると、
あっという間に「迷子ちゃん」になっちゃうよ、ってこと。
私に「苦言」をくださっていた方々は、この危険性を指摘されていたのでしょう。)

ただ、これからは、あえて所属を持たずに、その時々の縁次第で、
たくさんの知恵・智慧に、平等に学んでいく探究者が増えていくとは思います。
「風の時代」的には、そちらの方に流れがあるので。

(「地の時代」には、所属を持った方が、
むしろ、「さとり」を追い求めやすかったのだと思いますが、
流れが完全に変わってしまったのですよね……。)

「朝のTANDEN瞑想会」の参加者さんを見ていても、それは強く感じます。

参加者さんの多くは、特別、どこかの組織に所属して、
教えを学んでいるわけではありません。

みんな、普通に仕事をして、普通に家庭生活を営んでいる、
ごくごく「普通」の人たちです。

それでも、TANDEN瞑想をベースにして、おなかにこころを収めた上で、
ほかの様々な教えから、ものすごく謙虚に、自分自身の「あり方」を見つめることで、

「釈迦牟尼ブッダのさとりもかくや……!」

と、感動してしまうような気づきを、次々に得られている。

ほんとうに、とくにここ最近、参加者同士の「気づきの連鎖」が凄まじいんです!

彼ら、彼女らのおかげで、私は、私自身の探究スタイルに自信が持てました。

いまの私なら、今後ますます増えていくであろう、こういったスタイルの探究者の背中を、
力強く押してあげることができるな、と。

ありがとう。
ほんとうに、みんなのおかげです。

ということで、これからも、私は、おなかにこころを収めて、
たくさんの教えに、謙虚に「いのち」を学んでいこうと思っています!

仲間は、たくさんいる。
ありがたいな、と思います。

ほんとうに、いい時代だな。

※「TANDEN瞑想」のやり方は、こちらの動画で詳しく解説しています。
*「TANDEN瞑想」ガイダンス動画、最新バージョンです! おなかにこころを収めれば、たちまち「さとり」の世界の住人になれちゃう!? 動画を見ながら、お気軽に瞑想を楽しんでみてくださいね◎#450

※「TANDEN瞑想」に、なにかしらピンとくるものをお感じくださった方は、
ぜひ、毎朝6時からZoomで開催している「朝のTANDEN瞑想会」(無料・お気持ち制)にご参加ください。
いい感じのサンガ(学び合いの場)になって来ていますよ。
お気軽にのぞいてみてくださいね。
瞑想会への参加をご希望の方は、まずはこちらのFBグループにお入りくださいませ〜。
https://www.facebook.com/groups/286088982580826/

●すべてのいのちが、豊かさ、健やかさ、安らかさのうちにありますように。
●世界全体が、平和のうちにありますように。
●宇宙全体が、調和のうちにありますように。
●すべてのいのちは、すでに、豊かさ、健やかさ、安らかさのうちにあります。
●世界は、すでに、あまねき平和のうちにあります。
●宇宙は、すでに、うつくしい調和のうちにあります。
●わたしは、純粋な愛、そのものです。
●わたしは、無限の光、そのものです。
●わたしは、永遠のいのち、そのものです。
●わたしは、ただ、ここにあります。

みなさま、よい一日をお過ごしください◎