【詩】やっている感

2020年11月12日

「やっている感」がないものほど信頼できる。

そこには「自力」の入り込む余地がないから。
つまりは「他力」がはたらく余地があるから。

自分の力で、頑張って、頑張って、頑張ってやってきたのに、
それでもなにか満たされない思いがあるなら、
残念ながら、やり方が間違っていたということ。

というよりも、
なにかを「やろう」としていたこと自体が間違っていたということ。

潔く認めて、その気持ち自体を手放してしまおう。

ほんものの知恵・智慧は、
いつだって、拍子抜けするほどシンプルだよ。

拍子抜けという体験に導いてくれるのが、
ほんものの知恵・智慧なんだよ。