【詩】どうしようもなく

2020年9月28日

あなたはひとりで生きているわけじゃない。
この世界に「どうしようもなく関わりながら」生きている。

それは、
ほんとうに、恐ろしいこと。
ほんとうに、ほんとうに、恐ろしいこと。

でもね、その恐ろしさから、
目を背けちゃいけないんだ。

目を背けることだけは、しちゃいけないんだ。

ぐっと歯を食いしばって、下っ腹に力を込めて、
「ほんとうのこと」を見つめようとした先に、
あなたは、なにを見るだろう。

生きて、生きて、生き抜いていく中で、
あなたは、果たして、なにを見るだろう。

あなたがそこでなにを「見た」のか、
この世を去る時に、そっと、教えてね。