【詩】祈りは人のためならず

2020年9月12日

自分に敵意を向けてくるような相手に出会ったら、
適切な距離を取りつつ、
その人が、もう自分や他人を攻撃しなくて済むように、
祈りのエネルギーを送ります。

情けは人のためならず。
祈りは人のためならず。

情深いこころを持って、誰かのしあわせを祈ることによって、
自分自身、大きな愛の中に生かされていることに気づかされるから。

「わたしはあなた」
「あなたはわたし」
「わたしは世界」
「世界はわたし」
「すべてはひとつ」

その地点から、真剣に、祈りを捧げます。