【詩】責任

2020年8月30日

一見して、あなた自身にはなんの関係もなさそうな事件やニュースでも、
あなたがそれを「見て」「聞いて」「感じて」いる時点で、
あなたには、その事象に対する責任がある。

それを、そのように「見て」「聞いて」「感じて」いるのは、
世界で、ただひとり、あなただけなのだから。

罪悪感は、一切、感じなくていい。
ただ、責任だけを引き受けるんだ。

あなたの責任において、
「それ」を、いま、みな、成仏させてあげよう。

「我れ昔より造る所の諸の悪業は、
 皆な無始の頓・瞋・痴に由る、
 身・口・意従り生ずる所なり、
 一切、我れ今皆な懺悔したてまつる」

宇宙に生きる、ひとつの生命体として、
わたしは、その責任を、わが身において、引き受けます。

「ありがとう」
「ごめんなさい」
「ゆるしてください」
「愛しています」