【詩】「ひとつ」だからこそ

2020年7月20日

「ばらばら」の意識のままに
「ひとつ」を感じることはできないけれど、

「ひとつ」の意識のままに
「ばらばら」を味わうことはできる。

「ばらばら」の味わいを知りたいのなら、
まずは「ひとつ」を思い出すこと。

「ひとつ」だからこそ、
「ばらばら」を味わえるんだよ。

だから、どうか焦らないで。

まずはゆっくり息を吐いて……

あなたのこころを、おなかにしずめてみよう。

ゆっくり呼吸を繰り返すうちに……

ほら、ね?
「ひとつ」を思い出してきたでしょう?

そこからすべてがはじまるんだ。