【詩】二念を継がない

2020年7月18日

ポジティブな思考・感情・感覚に対して、ポジティブにならない。
ネガティブな思考・感情・感覚に対して、ネガティブにならない。

どんなものだって湧き上がってくるけれど、
どんなものも「ただ、あるね」と淡々と受けいれていこう。

いや、受けれなくてもいいよ。
ただ、見つめるだけでいいよ。

二念を継がなければ、それでいいんだ。

この世のすべては、夏の夜空の花火といっしょだよ。
パーンと花開いたら、あとはかならず消えていく。

そこにポジティブになる必要もないし、
ネガティブになる必要もない。

すべては、ただ、そのようにあるだけ。

すべてを見つめる、透明な目であれ。