【詩】「ひとつ」と「ばらばら」

2020年7月1日

根っこは「ひとつ」。
だからこそ「ばらばら」を味わえる。

同じ人間。だけど、違う人間。
同じ生き物。だけど、違う生き物。

「同じ」も「違う」も、どちらも大切。

でも、「違う」ばかりを見ていると、
あなたのこころがすさんでくるよ。

「ばらばら」をたのしみたいのなら、
まずは「ひとつ」を味わうこと。

「ひとつ」のいのちを、感じること。

やさしい世界は、
ここからはじまっていくよ。