【YouTube】パラレルワールドは実在する! 全体意識こそを「本体」として生きていると、個別意識にもスルッと入り込めちゃうらしい。占いができるようになったのも、これと無関係ではないような気がしています。#261

2020年6月15日

最近、私、睡眠時の夢の質が変わってきたんですよね。

私(小出遥子)じゃない存在を、「私」だと思って、その人の肉体を生きている夢、

たとえば、
割烹料亭の厨房で洋食のソース(なぜ?笑)の試作に勤しむ若い男の人になっていたり、
ロシアの軍人に息子を虐殺された日本人女性を精神的に支える中年の女性になっていたり、
広島の厳島神社の側を歩いている平家の武将三兄弟の長男になっていたり……

その時、「小出遥子」の個別意識は消えていて、完全に「その人」になりきっているんです。

これって、もしかしたら、私が普段から、「小出遥子」という個別意識を離れて、
「なにものでもないひとつのいのち」としての全体意識を生きるようになったことと、
密接に関係しているのかもしれない。
(占いの能力が開発されたのも、これと無関係ではないような気がしています……。)

全体意識こそを「本体」として生きていると、個別意識にもスルッと入り込めちゃうんですよね。

で、そこに広がっているのが「パラレルワールド」。
そこには、時間も距離も存在しない。

ああ、そうか、こういうことだったのか……と、しみじみ感じ入っています。

夢の中の話と笑うなかれ。
夢だって、現実だって(!)ひとつのパラレルワールドなのだから。

パラレルワールドは実在するし、誰だって、いつだって体験できるんです。
もしかしたら、いま、この瞬間も、体験の真っ只中かも……。

自著『教えて、お坊さん!「さとり」ってなんですか』オンライン読書会、好評開催中です!

【スケジュール】
■第1回 6月13日(土)13:30-15:00
 1章:「つながり」をたのしんで生きること
 (藤田一照さん・曹洞宗国際センター所長)※開催済
■第2回 6月27日(土)13:30-15:00
 2章:夢であると気づいた上で夢を生きること
 (横田南嶺さん・臨済宗円覚寺派管長)
■第3回 7月11日(土)13:30-15:00
 3章:「いま」という安らぎの中に生きること
 (小池龍之介さん・月読寺住職)
■第4回 7月25日(土)13:30-15:00
 4章:自分をまるごと受けいれて生きること–泥仏人生
 (堀澤祖門さん・三千院門主)
■第5回 8月8日(土)13:30-15:00
 5章:死では終わらない物語を生きること
 (釈徹宗さん・如来寺住職、相愛大学教授)
■第6回 8月22日(土)13:30-15:00
 6章:「ほんとうのいのち」に従って生きること
 (大峯顯さん・専立寺前住職、大阪大学名誉教授)

詳しくはこちらのイベントページをご覧ください。
https://www.facebook.com/events/1054867001575743/

■オンラインコミュニティ「Temple」:
https://community.camp-fire.jp/projects/view/263282
「いのちからはじまる話をしよう」
月額1,000円で、月2回のオンラインTempleにご参加いただけます。
まずは会員登録をしていただいて、一度、Templeという場をご体感ください◎
純粋な対話を通して、自分がいま生きている場所を、そのまま「お寺」にしていこう。
あなたのご参加、こころよりお待ちしています!

■個人面談(人生相談)やっています。Templeメンバーは半額で受付中!
https://yoko-koide.com/information/#meeting