【YouTube】憎しみは、あなたの細胞までも傷つけてしまう……。その事実を知った上で、憎み続けるのか、ゆるしの方向に舵を切るのか、自分自身で決めるんです。意識の光のもとに、無意識の闇は決して忍び寄れないから。#259

2020年6月13日

「それにいつかきっと大きな意味で、うまくいく日も来るよ。人のいるところには必ず最低のものと同時に最高のものもあるの。憎むことにエネルギーを無駄遣いしてはいけない。最高のものを探し続けなさい。流れに身をまかせて、謙虚でいなさい。そして、山に教わったことを大切にして、いつでも人を助けなさい。憎しみは、無差別に雫石の細胞までも傷つけてしまう。」

(『王国その1 アンドロメダ・ハイツ』 よしもとばなな=著 新潮社=刊 より)

人を憎んだり恨んだりすると、なによりもまず、自分自身の細胞が傷ついてしまう。
これは、多くの人が実際に体感していることだと思います。

……とは言え、
即座に憎しみや恨みの感情を手放せるかと言ったら、
そうは問屋が卸さないわけで。

でも、この事実を知ることで、自分の中に、選択肢は与えられますよね。

「憎み続ける? 恨み続ける? 
それとも、ゆるしの方向に舵をきる? 
さあ、どっち?」

って。

どちらを選んでもいいんです。ほんとうに、どちらでもいい。
大事なのは、「自分で決めた」という事実です。

憎み続けるなら憎み続けるでいい。
恨み続けるなら恨み続けるでいい。

「ゆるしたい気もするけれど、いまはまだ無理だから、
存分に憎ませていただきます! 恨ませていただきます!」

そんなふうに、自分の感情にコミットできたら、
少なくとも、それらの気持ちが、自分の細胞を変なふうに傷つけることはなくなります。

たぶん、「余白」(「余裕」とも言う)が生まれるんでしょうね。
そこから、「ゆるし」のプロセスははじまっていくのかもしれない。

ゆるしたいけど、ゆるせない人がいる方に、
なにか届けばいいな、と思って、動画を撮ってみました。

参考になればうれしいです。

※これまでの「ゆるし」関連の動画です。
*許したいけど許せない……そんな相手を許す方法 #009
*許しのお作法第2弾! 許したくても許せない……そんな「自分」を許す方法 #013

※自著『教えて、お坊さん!「さとり」ってなんですか』読書会開催します。
詳しくはこちらのイベントページをご覧ください。
https://www.facebook.com/events/1054867001575743/

■オンラインコミュニティ「Temple」:
https://community.camp-fire.jp/projects/view/263282
「いのちからはじまる話をしよう」
月額1,000円で、月2回のオンラインTempleにご参加いただけます。
まずは会員登録をしていただいて、一度、Templeという場をご体感ください◎
純粋な対話を通して、自分がいま生きている場所を、そのまま「お寺」にしていこう。
あなたのご参加、こころよりお待ちしています!

■個人面談やっています。Templeメンバー限定・半額キャンペーン中!
https://yoko-koide.com/information/#meeting