【詩】祈りの動機

2020年6月10日

自分自身の心身の平和のために、
世界の平和を祈るなんて、
動機が不純だと思うかい?

わたしは一切否定しないよ。

どんな動機であれ、
あなたが「祈り」へと導かれたことを、
ただ、よろこばしく感じるだけだ。

どんなにいびつなかたちであってもいい。
なにが起点になっていてもいいんだ。

祈りに身を捧げているときのあなたは、
いつだって、愛と「ひとつ」だから。

わたしと「ひとつ」だから。