【詩】転換ポイント、交流ポイント

2020年6月3日

おなかは、「自分」と「他人」の、「自分」と「世界」の、
転換ポイントであり、交流ポイントだ。

おなかにこころをおさめれば、
それら「ふたつ」は、おのずから「ひとつ」になる。

というより、
もともと「ひとつ」だったことを思い出せる。

おなかは、「あなた」と「わたし」の、
転換ポイントであり、交流ポイントだ。

おなかにこころをおさめれば、
「あなた」と「わたし」は、おのずから「ひとつ」になる。

というより、
もともと「ひとつ」だったことを思い出せる。

「ひとつ」として出会おう。
あなたの、おなかのど真ん中で。