【YouTube】ポエトリーリーディング 第11回『彼方からの呼び声』&あなたの存在が「アート」そのもの。#147

2020年4月12日

ポエトリーリーディング第11回!

毎週日曜の朝に、みなさまの元へ『彼方からの呼び声』をお届けします。
あたまで考えるのではなく、おなかで感じて聞いていただけたらうれしいです。

今回朗読した詩のタイトル一覧です。

・わたしまでは失えない
・恐れか、愛か
・変わらないもの
・最大の愛、最大のアート
・宝物だからこそ
・「ほんとうの自分」を愛することは
・なにものでもないからこそ

今回の「呼び声」は、
「不安な状況の中を生きていく覚悟」を決めた上で、
「じゃあ、私たちは、いま、どんなふうに生きていくか」
「なにを指針に生きていくか」
そのあたりへのダイレクトなヒントになるようなものが多かったな、と感じます。

もう、ほんとうに、「からだ」に還るしかない。
「あたま」だけでは立ち行かなくなっていることを認めて、
「からだ」の声に耳を澄まし、そこを指針に生きていくしかない。

そうやって生きていく姿は、そのまま、最大の「愛」の表現になる。
つまり、最大の「アート」になる。

ひとりひとりが、「からだ」に還り、「自分自身」を表現していく時です。

愛を、アートを、生きていきましょう。

応援、どうぞよろしくお願いいたします!
チャンネル登録も、よろしければぜひ◎

★★★個人面談受け付け中! 詳しくはコチラから★★★
https://yoko-koide.com/information/#meeting