【YouTube】「結婚することになりました」ということばの深〜い意味、解説します! この世のすべての営みは「おのずから」と「みずから」の「あわい」で起こっている。それを知ると、おのずから謙虚になってくるよね。#139

2020年4月8日

日本語では「おのずから」と「みずから」とは、ともに「自(ずか)ら」と「自」の字をもって表します。そこには、「みずから」為したことと、「おのずから」成ったこととが別事ではないという理解が働いています。

 われわれはしばしば「今度結婚することになりました」とか「就職することになりました」という言い方をしますが、そうした表現には、いかに当人「みずから」の意志や努力で決断・実行したことであっても、それはある「おのずから」の働きでそう“成ったのだ”と受けとめるような受けとめ方があることを示しています。

(中略)

「今度結婚することになりました」という言い方には、たんに当事者不在の自己弁護だけをしているのではなく、結婚相手に出会うことをはじめ、その後のいろいろな幸不幸の出来事、あるいは人の手助けもふくめて、「みずから」では及ばないところでの働きも相俟って、やっと結婚という事態にいたったという、「みずから」を超えた働きへの感受性が表明されていると考えることができます。

(竹内整一著 『花びらは散る 花は散らない ――無常の日本思想』 角川選書 より)

この世界のすべて、宇宙のすべてが「こうであるから」、
私と、夫は、本日、結婚5周年記念日を迎えることができました。

先が見えないいまの世の中ですが……
「おのずから」と「みずから」のあわいで、
ただただ、しなやかに、たくましく、
これから先も、夫と共に生きていこうと思います。

応援、よろしくお願いいたします。
チャンネル登録も、よろしければ、ぜひ◎

★★★個人面談受け付け中! 詳しくはコチラから★★★
https://yoko-koide.com/information/#meeting