【詩】あたまは有限、おなかは無限

2020年3月27日

あたまは有限。
おなかは無限。

あたまで抱えきれない感情は、
おなかにすべて預けてしまおう。

ポンポンポンポン投げ入れてしまえ。

大丈夫。
すべて、わたしが受け止めるから。

わたしに受け止めきれないものはないから。