【YouTube】「さとりへの道」は、そのまま、「あたま」から「おなか」への「道」のことです。「こころ」を「おなか」にスッとおさめてしまう……。それさえできれば、ほんとうの「いのち」のあり方が見えてきます。 #112

2020年3月25日

「さとりへの道」が、もし存在するのだとしたら、
「あたま」から「おなか」への「道」のことです。

「あたま」の方に移動してしまっている「こころ」を、
「おなか」にスッとおさめてしまう……。

それさえできれば、「つながり」の中に生かされている私たちの姿が見えてくる。
つまり、ほんとうの「いのち」のあり方が見えてくる。

芸道、武道、仏道……
どんな「道」を選んでもいいんです。
自分に合う「道」を選べばいいんです。

でも、どんな「道」も、かならず最後には「おなか」に、「丹田」に通じているのだと……

そのことを知っているか知らずにいるかによって、話は違ってくるように思うのです。

「さとり」への道は、自分の鼻先3ミリ以上先にはぜったいにありません!!!
大事なのは、いつだって「いま」「ここ」「わたし」です。

※こちらの動画もご覧ください。
幸せへの道はない、幸せこそが道だから。幸せになりたいのなら、いまここで幸せを感じてしまうこと。おなかにこころをおさめて、いまここを生きる人の足元から広がっていくのが、幸せという名の道です。 #098

参考になればうれしいです。
チャンネル登録も、よろしければお願いします◎

★★★個人面談受け付け中! 詳しくはコチラから★★★
https://yoko-koide.com/information/#meeting