【YouTube】お釈迦さまの「さとり」って、どんなものだったんだろう? 梵天勧請シリーズ第3弾! 梵天は真理、帝釈天は理論をあらわしている!? #094

2020年3月16日

梵天勧請シリーズ第3弾!

お釈迦さまに法を説くことを勧めたのは、梵天さまだけじゃなかった……?
その場には、実は、帝釈天さまもいらっしゃったそうなんです。

なぜ、このふたり(というべきか……)の神さまが、その大役を担うことになったのか。
今回の動画では、そこに対する私の考察をお話しています。

梵天は「真理」、帝釈天は「理論」。
このふたつがそろったところに、「仏教」が完成したのだろうな、と。

あくまで私の感覚ですが……あながち、間違ってもいないかも?

※これまでの「梵天勧請シリーズ」はコチラ!
*「梵天勧請」のほんとうの意味! 私のさとりは世界のさとり。お釈迦さまがさとった後も7週間修行を続けた理由を解説します。 #068
*コミュニケーションの基本のキ! なにかを「伝えよう」と焦れば焦るほど伝わらなくて、「伝わるものは伝わるだろう」とゆったり構えれていれば、結果として、「伝わる」ことが増えていく。 #086

参考になればうれしいです。
チャンネル登録も、よろしければお願いします◎