【YouTube】「自覚」と「救い」の関係性。神仏を信じなきゃ救われない? 信じても、信じなくても、「救われている」ことに変わりはありません。でも、そこに対する自覚を持つと、確実に「なにか」が変わるんです。 #080

2020年3月9日

月影のいたらぬ里はなけれども
ながむる人のこころにぞすむ

(BY 浄土宗開祖・法然上人)

神仏を信じなきゃ救われないって?
いやいや、神さまも、仏さまも、そんなにケチじゃありません。

信じていても、いなくても、
私たちは、いつだって、圧倒的な「救い」の中にある……。

でも、その事実に対する「自覚」を持つと、
確実に「なにか」が変わるんです。

なにがどう変わるのかって?
それは動画を観てのおたのしみ!(笑)

ヒントは冒頭に挙げた法然上人の歌にあります。
最後の「すむ」は、「住む(棲む)」と「澄む」のかけことばなんですよ。

月影のいたらぬ里はなけれども
ながむる人のこころにぞすむ

(BY 浄土宗開祖・法然上人)

神仏を信じなきゃ救われないって?
いやいや、神さまも、仏さまも、そんなにケチじゃありません。

信じていても、いなくても、
私たちは、いつだって、圧倒的な「救い」の中にある……。

でも、その事実に対する「自覚」を持つと、
確実に「なにか」が変わるんです。

なにがどう変わるのかって?
それは動画を観てのおたのしみ!(笑)

ヒントは冒頭に挙げた法然上人の歌にあります。
最後の「すむ」は、「住む(棲む)」と「澄む」のかけことばなんですよ。

今夜は(ほぼ)満月。
月の光を眺めながら、「自覚」と「救い」の関係性について、
ほんの少し、思いを馳せてみても面白いかもしれません。

参考になればうれしいです。
チャンネル登録も、よろしければお願いします◎