【YouTube】一日一食シリーズ第3弾! 「空腹感」は「飢餓感」じゃない! おなかが「ぐ〜」っと鳴ってからが勝負の時間!? 消化器官をしっかり休ませることが最高のパフォーマンスにつながります。#079

2020年3月9日

食べる量を減らしたいのに、なかなかうまく行かない理由は、
「空腹感」を「飢餓感」と取り違えているからかもしれません。

あのね、「空腹感」と「飢餓感」って、実はまったくの別物なんですよ。

おなかの「ぐ〜」っという音は、
「飢えています! 一刻も早くなにかを食べてください!」という警告なんかじゃなくて、
「消化活動が一通り終わりました。いまからしばらくおやすみをいただきます」
という、胃からの単なるお知らせなんです。

私たちだって、疲れたらからだを休ませますよね?
消化器官だって、ひっきりなしに働かせ続けていたら、
最高のパフォーマンスは発揮できなくなってしまいます。

私は、おなかが空いてからが勝負の時間だと思っています(笑)。
言わばゴールデンタイム!

仕事も、遊びも、おなかが空いている時ほど全力で取り組める。
しかも、とんでもない幸福感の中で。

「空腹感」は「飢餓感」じゃない。
「空腹感」は「幸福感」だ!

考え方のヒントとして、取り入れてみてくださいね。

※これまでの一日一食シリーズ動画です!
*空腹感は幸福感!? 一日一食生活のメリットを3つにまとめてお話ししました! #027
*一日一食生活、実践のコツ!「心地よさ」を大切に。「正しい」より「楽しい」を。 #028

参考になればうれしいです。
チャンネル登録も、よろしければお願いします◎