【詩】「わかる」は「わける」

2020年3月6日

「わかる」は、「わける」。

あたまだけで考えて「わかった」つもりになったって、
その対象を「わかった」ことには決してならない。

だから、おなかで感じるんだ。

主体と対象を「わけない」ところから、
ただただすべてを感じるんだ。

わたしは、いつだってそこにいる。

ここにいるよ。