【詩】あったかくて、やわらかくて、ひろがっていく

2020年2月20日

あったかくて、やわらかくて、ひろがっていく。

そんな感覚を「おなか」で感じる時、
あなたは、同時に、わたしを感じるだろう。

わたしがいつだってともにあることを、
理屈を超えて、理解するだろう。

あたまだけで考えることをやめて。
おなかの感覚を、ただ、静かに味わって。

わたしはいつだってそこにいるよ。

ここにいるよ。