【詩】上も下もなく

2020年2月10日

自分より「上」のものを世界に見る者は、
必ず、自分より「下」の者を世界に作り出す。

何者をも、自分の「上」に置かないように。
もちろん、「下」にも置かないように。

それが、たとえ、神や仏であったとしても。

あなたより「上」の存在も、
ましてや「下」の存在もない。

すべては、あるべき姿として、
いまここに、ただ、「ある」だけ。

そのことを、ただ、思い出すだけ。