「願っている」んじゃなくて「願わされている」んだ

2019年12月17日

「神さま・仏さま・宇宙さま(笑)に自分の願いを届けるためには!」みたいな話って巷にあふれているけれど、私は逆だと思うんだよね。自分が自分の願いだと思っているものは、すべて(文字通り「すべて」です!)大きな流れの中で「願わされている」もの。だからそれを「引き受ける」だけでいいんだよ。

「願わされた」ものを「引き受ける」ことによって、天と地がつながる。神や仏や宇宙の意思を、自分のからだを通して「体現」していくことができる。

そりゃそうだよね。神や仏や宇宙には実体はないのだから。彼ら(とあえて言わせていただく)が自分の意思を叶えるためには、肉体を持っている「人間」という存在が必要なんだ。

自分自身の本心・本望に気づいて、それを宇宙からの賜り物として、からだまるごとで引き受けた時、「奇跡」と呼ばれる事態が起きる。叶うはずのなかった夢が叶ってしまう。

ほんとうはものすごくシンプルなお話。常に大きな流れ(神・仏・宇宙)と「ともにある」自分を自覚するだけ。「しあわせ」という感覚は、その自覚と同時に生まれる。

「南無」とか「帰依」とか「帰命」とかいうことばも、この視点から語られるべきものだと思うんだ。「神さま、仏さまにすべておまかせします!」という宣言って、実は「いただいたものをすべて受け止めます!」という宣言と同時になされなくちゃいけない。片方だけだと「奇跡」は起こらない。

くどいようだけど大事なことなので二回書きます。そのふたつの宣言は、どちらが先でも後でもなく、完全に「同時」になされるべきもの。ここがいちばん大切なところ。ここさえ理解できれば、「奇跡」は「偶然」じゃなくなるんだ。

自分が「願っている」ことは、
すべて大きなものに「願わされている」こと。

引き受けよう。
受けいれよう。
覚悟を決めよう。

自分が自分として生まれてきた、
その「お役目」を果たしていこう。

奇跡を、愛を、全身全霊で引き受けて、
同時に、
奇跡を、愛を、全身全霊で体現していこう。

============================

12月22日(日)こんなイベントやるよーーー!!!

見た目はチャラチャラ……もとい(笑)とってもオシャレな「イマドキ」のイケメンにいちゃん……
でも、真性の「さとり人」である杉浦恵一さん(ほんとうに多才で多彩で超魅力的な、とっても素晴らしい方です! 大好き!)とのトークイベント!
杉浦さんが「住職」をつとめる超革新的なバーチャル寺院・他力本願寺のオープンプレイベントにもなります◎

第一部は、私小出と杉浦さんのトークセッション。
「大丈夫を生きていく。」というテーマで、仏教のお話から、人生全般のお話、
「ほんとうのいのち」のお話まで、ぶっつけ本番であれこれ語り合います!
みなさんにも「大丈夫」を体感してもらえたらうれしいなーと思っています。

第二部は「スナック遥子」!
みんなでお酒を飲みながら(もちろん、ノンアルでもOK)「お悩み大喜利」やっちゃいます!
私も杉浦さんとで、あなたのお悩み、やさしく、激しく(?)ぶった切ります!!!(笑)
今年のモヤモヤ、今年のうちに晴らしましょう◎

告知期間が短いのでちょっと焦ってますが(笑)ぜったいぜったいたのしいイベントになりますよー!
「大丈夫」を体感するには、まずなによりも「軽さ」が必要。
「あ、そんなんでいいんだ!」「アリなんだ!」「もっと楽に生きていいんだ!」って、
視野がぐーーーんと広がるような時間にしたいと思います!
たくさんの方のご参加、こころよりお待ちしています!

詳しくはコチラのページをご覧ください◎
https://www.facebook.com/events/2509102809412531/

============================